山内 さくらさん

結婚式当日までのお手伝い

株式会社岩手ホテルアンドリゾート

山内 さくら(やまうち さくら)

さん

盛岡グランドホテル ウェディングコンシェルジュ課

制服でびしっと

車通勤で15分

市街地が見える
高台

人と会う

ホテルで結婚式をされるお客様のお手伝いをしています。主役となる新郎新婦様との打ち合わせだけでなく、ご両親からもお話を聞いたりします。ご希望を伺いながらこちらから提案もして、当日皆様が満足してお帰りになっていただけるよう祝典をつくりあげます。高校時代、華やかな仕事をしたいと思っていたので、それが叶い満足しています。

Skill Chart

スキルチャート

My Career

経歴

Photograph

MEETING
営業のスタッフと二人三脚で
式の準備を進めていきます。

営業のスタッフと二人三脚で
式の準備を進めていきます。

SERVICE
ドレス選びは新婦様の楽しみの一つ。
女性ならではの視点を大切に。

ドレス選びは新婦様の楽しみの一つ。
女性ならではの視点を大切に。

ATEND
見学のお客様に式場をご案内。
晴れた日の眺めは最高です!

見学のお客様に式場をご案内。
晴れた日の眺めは最高です!

PREPARE
案内状づくりや小物の準備など
地道な作業もたくさんあります。

案内状づくりや小物の準備など
地道な作業もたくさんあります。

WEDDING
お客様とは4カ月の長いお付き合い。
笑顔が一番のやりがいです。

お客様とは4カ月の長いお付き合い。
笑顔が一番のやりがいです。

ITEM
式当日はもちろん、準備から
動き回ることが多いので水筒は必須!

式当日はもちろん、準備から
動き回ることが多いので水筒は必須!

Movie

Episode

この仕事をしていてよかった!

結婚式を終えて皆様が笑ってお帰りいただくこと。そして「さくらさんで良かった」と言っていただいたとき。式が終わった後、新郎新婦様やご両親らとお付き合いが続くことも「この仕事をして良かった」と思える経験です。「今の仕事はさくらさんにとって天職ね」そんなメールをいただいたこともあり、そのときは最高に嬉しかったです。

大変だったけどこう乗り越えた!

新郎新婦様もいろいろな方がいて結婚式に対する考えが違い、努力したものの信頼を得られたか分からないケースも。マニュアル通りにいかないのが私の仕事で毎日新しい壁に当たっているような気持ちです。でもそんなとき、いつも助けてくれるのは周囲のスタッフです。先輩、同僚の温かいサポートがあれば、結果はどうあれどんな困難も乗り越えられます。

高校時代に力を入れたこと

高校時代は陸上部のマネージャーとして、選手をサポートしていました。強豪校だったので約30名と部員数も多く、マネージャー2人で毎日駆け回りました。インターハイや沖縄国体などに連れて行ってもらえたのはとても良い思い出です。人のために精一杯できることをしてあげたいという気持ちがあり、選手のためにもいつも笑顔でいることを心がけていました。思えばこのころから、誰かをサポートすることへのやりがいを感じていたのかもしれません。

仕事のモットー・信念 

「楽しさと新鮮さ」です。プライベートで辛いことがあっても、仕事をするときは笑顔を忘れないこと。結婚式を担当していますので、幸せな気持ちでお越しいただくお客様の前では自分も楽しむことが大切です。もう1つは「新しいことにチャレンジする」。私はウェディングプランナーの仕事がしたくて入社しましたが、しばらくは異なる部署の配属でした。希望した部署ではなくても、そこでチャレンジした経験は今の仕事にも活かされています。また、結婚式といっても新郎新婦様の数だけ式の形も異なるので、常に新しい発想と挑戦心を持つことが、新鮮な気持ちで仕事ができる秘訣だと思います。

印象に残っている仕事

なんといっても、ウェディングコンシェルジュ課に配属されて初めて担当させていただいた式です。異動の4カ月後には式本番。すごく緊張しましたし、すべてが手探り状態でしたが、ペアで準備をする営業のスタッフに助けられながら、無事本番を迎えることができました。担当させていただいた新郎新婦様とも仲良くなり、他の式の帰りに見かけて声をかけていただいたり、年賀状を送り合ったり、長くお付き合いをさせていただいています。

職場のプチ自慢!

毎日メニューが変わる従業員専用の食堂があります。食堂で使用する食券は、1枚200円。つまり1食200円で食べることができるんです!

休日の過ごし方

掃除や洗濯など、仕事がある日にはなかなかできないことを休みの日にまとめてやってしまいます。 休みの日にいろいろ準備をしておくと、仕事で忙しいときでも快適な状態で過ごすことができます。面倒と思っても時間があるときにやっておくと後で楽ですね。

おすすめのリフレッシュ方法

高校では陸上部のマネージャーでしたが、中学ではハードルの選手だったこともあり、走ることが好きです。休みの日や出社前の朝の時間帯にジムに行って1時間くらい体を動かします。走って汗を流すことで体も頭もすっきり。気持ちも切り替えて仕事に臨めますし、普段から動き回ることが多い仕事なので体力づくりにもなっています。

だいたいのことは気持ちで乗り越えられます。やりたい仕事があるならやるべきだと思います。私は進路選択をするとき一切迷いがありませんでした。「結婚式に関わりたい」という一心と、「絶対に試験も受かる」という確信がありました。天職とまでいかなくても、好きなことを仕事にできる幸せは本当に素敵。そんな仕事と皆さんも巡り合えると良いですね。

Other Type

Type A 市民に愛される商品をつくるシゴト
Type B 優れた技術で勝負するシゴト
Type C ″誰かのために″をカタチにできるシゴト
Type D 日常を楽しく彩るシゴト
Type E 地元の風景をつくるシゴト
Type F 影で支えるクロコなシゴト

似ているしごと・スタイル

Support Information

私たちが、みなさんの「盛岡で働きたい」を応援します!

県内で進学・就職したら
  • 岩手の窓口

    ジョブカフェいわて

  • 学生のみなさんに

    インターンシップ、就職活動など、仕事に関わる相談に専門のキャリア・カウンセラーがお応えします。就活セミナー・イベントも随時開催。

  • 働く社会人のみなさんに

    働いていて困ったとき・悩んだとき、ビジネスマナーを再確認したいときなど、働きながらの仕事のご相談にお応えします。

  • 〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-12-18
  • 盛岡菜園センタービル5階
  • 電話:019-621-1171
  • メール:soudan1@jobcafe-i.jp
  • 月曜〜土曜 10:00〜18:00(日曜・祝日・年末年始休み)
  • サイト:http://www.jobcafe-i.jp
ジョブカフェいわて
県外に進学・就職したら
  • 岩手の窓口

    いわてU・Iターンサポートデスク

    (ジョブカフェいわて内)

    「いつか岩手に帰りたい」をサポートするよろず相談窓口です。進学や就職で県外に出られたみなさんに、岩手へのUターンに向けた情報をお届けしています。

    シゴトバクラシバIWATE
  • 東京の窓口

    いわて暮らしサポートセンター

    (ふるさと回帰 支援センター内)

    東京・有楽町にある、岩手へのUターンのための相談窓口です。岩手と全国をつなぐ拠点として、専門のコーディネーターとキャリア・カウンセラーがお手伝いします。

    • 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
    • 東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内
    • 電話:080-8871-1741(直通)
    •   /03-6273-4401(代表)
    • 火曜〜日曜 10:00〜18:00(日曜・祝日・その他指定日休み)
    • サイト:http://www.furusatokaiki.net/consultation/iwate/
    認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
  • MORIOKAシゴトカメラ
  • ジョブカフェいわて